七夕・棚機(読み)たなばた

大辞林 第三版の解説

たなばた【七夕・棚機】

五節句の一。七月七日に行う牽牛星と織女星を祭る行事。庭に竹を立て、五色の短冊に歌や字を書いて枝葉に飾り、裁縫や字の上達などを祈る。奈良時代に中国から乞巧奠きつこうでんの習俗が伝来し、古来の「たなばたつめ」の伝説と結びついて宮中で行われたのに始まる。近世には民間にも普及。また、盆の習俗との関連も深い。七夕祭り。星祭。しちせき。 [季] 秋。
はたを織ること。また、その人。たなばたつめ。 「天あめなるや弟おと-の項うながせる玉の御統みすまる/古事記
織女しよくじよ星。たなばたつめ。 「 -の渡る橋にはあらで/枕草子 99

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android