コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七島-硫黄島海嶺 しちとういおうじまかいれい

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕七島-硫黄島海嶺(しちとういおうじまかいれい)


伊豆(いず)諸島から火山列島(硫黄列島)に至る海嶺。東側の小笠原(おがさわら)海嶺、西側の西七島(にししちとう)海嶺とともに伊豆-小笠原海嶺を構成し、その中央列をなす。ほぼ南北に約1200km延び、南は中マリアナ海嶺に続く。火山活動が盛んで、北部に伊豆諸島、南部に火山(硫黄)列島がある。中部には西之(にしの)島のほか海底火山が点在。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

七島-硫黄島海嶺の関連キーワードマリアナ海嶺小笠原海嶺海嶺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android