七種爪・七草爪(読み)ななくさづめ

精選版 日本国語大辞典「七種爪・七草爪」の解説

ななくさ‐づめ【七種爪・七草爪】

〘名〙 陰暦正月七日の七種の節供に、邪気を払うために、七種の菜(な)をゆでた汁に指を浸し爪を切ること。菜爪(なつめ)。《季・新年》
※雑俳・柳多留‐二五(1794)「の音やむ日七種爪をとり」
[補注]「日次紀事‐正月七日」のには、「七草〉俗間以七草之湯爪剪之」の記述が見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android