七種爪・七草爪(読み)ななくさづめ

精選版 日本国語大辞典の解説

ななくさ‐づめ【七種爪・七草爪】

〘名〙 陰暦正月七日の七種の節供に、邪気を払うために、七種の菜(な)をゆでた汁に指を浸し爪を切ること。菜爪(なつめ)。《季・新年》
雑俳柳多留‐二五(1794)「琴の音やむ日七種爪をとり」
[補注]「日次紀事‐正月七日」の条には、「七草〈略〉俗間以七草之湯爪剪之」の記述が見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android