コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七竈・七竃 ななかまど

大辞林 第三版の解説

ななかまど【七竈・七竃】

バラ科の落葉小高木。山地に自生。葉は羽状複葉で小葉は披針形。初夏、枝先に白色五弁の小花がむらがって咲く。果実は小球形で、晩秋、赤く熟し、紅葉とともに美しい。七度かまどに入れても燃え残るほど燃えにくいためこの名があるという。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

七竈・七竃の関連キーワード羽状複葉披針形バラ科果実晩秋初夏自生小葉山地小花

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android