コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七里継ぎ宿・七里継宿 しちりつぎやど

大辞林 第三版の解説

しちりつぎやど【七里継ぎ宿・七里継宿】

江戸時代、尾張・紀伊の徳川家などの大名が東海道筋七里ごとに役所を置き、江戸と国元との急な連絡に備えたもの。七里役所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報