コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万無上人

美術人名辞典の解説

万無上人

江戸前期の浄土宗の僧。知恩院38世。伊勢津生。字は玄誉、号は心阿、直蓮社。伊勢天然寺の真誉のもとで出家し、江戸増上寺の還無に師事。武蔵の浄国寺・下総飯沼の弘経寺・上野の大光院に歴住し、知恩院住職在任中は大鐘楼の移転等境内整備に尽力した。弟子忍徴に法然院を開基させた。延宝9年(1681)寂、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android