コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万田坑と三角西港

1件 の用語解説(万田坑と三角西港の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

万田坑と三角西港

万田坑は、明治から昭和の産業を支えた三池炭鉱の主力坑口の一つ。終戦の1945年までの19年間、年平均約86万トンを産出していた。鋼鉄製のやぐらや赤れんが造りの巻揚機室、ポンプ室などの施設が現存。三角西港は三池炭鉱の石炭を海外に輸出する港として、オランダ人水理工師らが設計。1887年に開港。規則正しく積み上げられた石造りの岸壁などが残されている。

(2013-09-18 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万田坑と三角西港の関連キーワード聟島唐行き第一次産業石巻港新日鉄八幡製鉄所北海道釧路市大町神奈川県平塚市万田熊本県荒尾市原万田万田坑跡三井三池炭鉱跡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone