コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つの竜巻

1件 の用語解説(三つの竜巻の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三つの竜巻

大気の状態が非常に不安定となった5月6日、関東地方三つの竜巻がほぼ同時に発生した。竜巻が被害をもたらした範囲は、常総市―つくば市が長さ約17キロ・幅約500メートル、筑西市―桜川市は約21キロ・幅約600メートル、栃木県真岡市常陸大宮市は約31キロ・幅約650メートル。つくば市を襲った竜巻について気象庁は、強さを表す尺度の「藤田スケール」で上から4番目のF2(風速50~69メートル)としたが、気象庁の検討会の委員でもある東京工芸大の田村幸雄教授(耐風工学)は「風速110メートル前後の地域があった」との試算をまとめた。

(2012-06-05 朝日新聞 朝刊 茨城全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三つの竜巻の関連キーワード基細積乱雲雷三日奇奇素早いτ粒子不安定累卵の危うき熱不安定性ビタミンショワルター安定指数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone