コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ叉・三つ股・三椏・三叉 みつまた

大辞林 第三版の解説

みつまた【三つ叉・三つ股・三椏・三叉】

川・道などが、三本に分かれること。また、その部分。
先が Y 字形の棒。高い所へ物をかけるときなどに用いる。
電気・ガス・水道などの配線・配管で、一本から二本に分ける部分で使う器具。 「 -ソケット」
(「三椏」「三叉」と書く)ジンチョウゲ科の落葉低木。古く中国から渡来、樹皮の繊維で和紙を作るため栽培。枝は三個ずつ分枝する。葉は披針形。冬の間中、各枝先に筒状の白いつぼみを密に下垂してつけたまま過ごし、早春、黄色の頭状花を開く。和紙は良質で虫害を受けにくく、紙幣や証券用紙に使われる。漢名、黄瑞香。 〔「三椏の花」は [季] 春〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三つ叉・三つ股・三椏・三叉の関連キーワード頭状花三椏

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android