三コウ無勝負

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三コウ無勝負

互いに解消することのできないコウが三つ生じ、延々と取り合う形になった場合は無勝負になる。タイトル戦で現れたのは98年の名人戦第4局(趙治勲―王立誠)のみ。無勝負となり、次に第5局が打たれたため、この年の七番勝負は「第8局」が準備されていた(結果は4勝2敗1無勝負で趙名人の勝ち)。現在、プロの対局での三コウ発生率(四コウを含む)は9千局に1度。

(2008-06-17 朝日新聞 夕刊 夕刊囲碁将棋)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android