コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三コウ無勝負

1件 の用語解説(三コウ無勝負の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三コウ無勝負

互いに解消することのできないコウが三つ生じ、延々と取り合う形になった場合は無勝負になる。タイトル戦で現れたのは98年の名人戦第4局(趙治勲―王立誠)のみ。無勝負となり、次に第5局が打たれたため、この年の七番勝負は「第8局」が準備されていた(結果は4勝2敗1無勝負で趙名人の勝ち)。現在、プロの対局での三コウ発生率(四コウを含む)は9千局に1度。

(2008-06-17 朝日新聞 夕刊 夕刊囲碁将棋)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三コウ無勝負の関連キーワード交易光学異性体高遠対向互いに素三つ巴三つ目御互いに交代互有

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三コウ無勝負の関連情報