コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三ツ山大祭

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三ツ山大祭

県無形民俗文化財に指定されている播磨国総社(射楯兵主(いたてひょうず)神社)の祭礼門前に十数メートルの置山を3基並べ、神々を招いて国の平安を願う。平安時代藤原純友の乱の鎮圧祈願祭を起源とし、室町時代から20年に一度と定められたとされる。今回の大祭は7日が最終日。

(2013-04-07 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

三ツ山大祭の関連キーワード射楯兵主神社標山

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三ツ山大祭の関連情報