コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 大辞林 第三版
  • > 三・傘・参・參・山・惨・慘・撒・散・杉・桟・棧・燦・産・盞・算・纂・蚕・讃・賛・贊・酸・霰・餐とは

三・傘・参・參・山・惨・慘・撒・散・杉・桟・棧・燦・産・盞・算・纂・蚕・讃・賛・贊・酸・霰・餐 さん

1件 の用語解説(三・傘・参・參・山・惨・慘・撒・散・杉・桟・棧・燦・産・盞・算・纂・蚕・讃・賛・贊・酸・霰・餐の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さん【三・傘・参・參・山・惨・慘・撒・散・杉・桟・棧・燦・産・盞・算・纂・蚕・讃・賛・贊・酸・霰・餐】

【 三 】 [音] サン
みっつ。 「 三角 ・三脚 ・三傑 ・三歳 ・三人 ・十三 」
みっつめ。 「 三等 ・三流 ・第三 」
みたび。たびたび。 「 三顧 ・三省 ・再三 」
「三河みかわ国」の略。 「 三州 」
梵語の音訳字。 「 三昧さんまい ・三摩耶さんまやさまや) 」
【 山 】 [音] サン ・セン
やま。 「 山河 ・山岳 ・山頂 ・山脈 ・山陽 ・山麓さんろく ・火山 ・高山 ・鉱山 ・登山とざんとうせん) ・霊山 」
鉱石を掘る所。 「 銅山 ・廃山 ・閉山 」
寺院。 「 山号 ・開山 ・本山 」
やまのような。きわめて多くあるさま。 「 山積 」
【 杉[音] サン
すぎ。 「 老杉 」
【 参 ( 參 ) 】 [音] サン ・シン
加わる。加える。つらなる。 「 参加 ・参政 ・参戦 ・参禅 ・参謀 ・参列 ・古参 」
まみえる。あう。 「 見参げんざん
まいる。
神仏などにおまいりする。 「 参詣 ・参拝 ・墓参 」
「行く」「来る」をへりくだって言う語。 「 参上 」
かなわない。負ける。 「 降参 」
くらべる。てらしあわせる。 「 参看 ・参考 ・参酌 ・参照 」
「三河みかわ国」の略。 「 参州 」
数字「三」の大字。金銭証書などに用いる。 「 金参拾万円 」
長短の等しくないさま。また、入りまじるさま。 「 参差しんし
【 桟 ( 棧 ) 】 [音] サン
かけはし。 「 桟橋 ・桟道 ・雲桟 」
【 蚕 ( 蠶 ) 】 [音] サン
かいこ。 「 蚕業 ・蚕糸 ・蚕室 ・蚕食 ・養蚕 」
【 惨 ( 慘 ) 】 [音] サン ・ザン
いたましい。 「 惨禍 ・惨状 ・惨憺さんたん ・陰惨 ・悲惨 」
むごたらしい。 「 《 サン 》 惨害 ・惨劇 ・惨事 ・凄惨せいさん 」 「 《 ザン 》 惨殺 ・惨死 」
【 産 】 [音] サン
うむ。子をうむ。 「 産院 ・産婦 ・産卵 ・安産 ・出産 ・流産 」
つくり出す。また、つくり出されたもの。 「 産額 ・産業 ・産地 ・水産 ・生産 ・増産 ・名産 」
出身地。また、その土地で生産されたもの。 「 国産 ・本県産 」
もとで。しんだい。 「 財産 ・動産 ・破産 ・不動産 」
【 傘 】 [音] サン
かさ。かさに似たおおい。 「 傘下 ・落下傘 」
【 散 】 [音] サン
ちる。ちらばる。ちらす。 「 散逸 ・散会 ・散華さんげ ・散在 ・散兵 ・散乱 ・解散 ・飛散 ・分散 ・離散 」
まとまりがない。 「 散漫 」
ほしいまま。自由気まま。ひま。 「 散策 ・散文 ・散歩 」
こなぐすり。 「 散薬 ・屠蘇散とそさん
位があって官職がない。 「 散位 ・散官 」
【 盞[音] サン
さかずき。 「 酒盞 ・杯盞 」
【 算 】 [音] サン
数をかぞえる。勘定する。計算する。また、計算法。 「 算出 ・算術 ・算数 ・暗算 ・換算 ・計算 ・検算 ・珠算 ・通算 ・筆算 ・予算 ・和算 ・加減算 」
はかる。はかりごと。 「 算段 ・誤算 ・心算 ・成算 」
【 酸 】 [音] サン
すっぱい。す。 「 酸味 ・甘酸 」
つらい。いたましい。 「 酸鼻 ・辛酸 」
〘化〙酸性を示す化合物。 「 酸基 ・塩酸 ・硫酸 」
〘化〙「酸素」の略。 「 酸化 ・酸欠 」
【 撒
⇒ さつ〔撒〕 [漢]
【 賛 ( 贊 ) 】 [音] サン
たすける。力をそえる。 「 賛助 ・協賛 」
同意する。 「 賛意 ・賛成 ・賛同 ・賛否 」
ほめたたえる。 「 賛仰 ・賛辞 ・賛嘆 ・賛美 ・賞賛 ・絶賛 」
ほめたたえる文。 「 論賛 」
画中に書く詩文。 「 画賛 」 〔「讃」の書き換え字としても用いられる〕
【 餐[音] サン
飲食する。また、飲食物。 「 加餐 ・午餐 ・正餐 ・素餐 ・晩餐 ・風餐露宿 」
【 燦[音] サン
光がきらきらひかる。あざやかなさま。 「 燦燦 ・燦然 ・燦爛さんらん
【 纂[音] サン
あつめる。 「 纂修 ・纂輯さんしゆう ・纂述 ・纂録 ・雑纂 ・編纂 ・論纂 」
【 霰[音] サン
あられ。あられのように、細かいさま。 「 霰弾 ・急霰 」
【 讃[音] サン
ほめたたえる。 「 讃辞 ・讃称 ・讃歎さんたん ・讃美 ・自讃 ・賞讃 ・絶讃 」
ほめたたえる文。また、画中に書く詩文。 「 画讃 」
〘仏〙仏の徳をたたえる言葉。 「 讃仏 ・漢讃 ・梵讃ぼんさん ・和讃 」
「讃岐さぬき国」の略。 「 讃州 」 〔「賛」とも書き換えられる〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone