三井 礼子(読み)ミツイ レイコ

20世紀日本人名事典の解説

三井 礼子
ミツイ レイコ

昭和期の女性史研究家 三井文庫嘱託研究員。



生年
明治38(1905)年3月16日

没年
平成1(1989)年1月13日

出生地
東京市

学歴〔年〕
女子学習院高等科〔大正13年〕卒

経歴
三井総領家第10代当主・三井八郎右衛門高棟の四女。女子学習院卒業後、大正13年東京帝大文学部の聴講生となり社会学を学ぶ。昭和11年「世界女性史エンサイクロペディア」編纂に参加。このころ日本史学者の渡部義通と知り合い、以後、マルクス主義史学の研究をつづける。戦後の21年民主主義科学者協会(民科)婦人問題研究会に参加、共同研究の中心的存在として活躍。この間、三井連家の一つ永坂町家当主・三井高篤と結婚し、二女をもうけるが、勉学の心捨てがたく29年離婚。のち渡部義通と結婚。40年“三井文庫”が設立され嘱託研究員となる。かたわら女性史研究会を結成してリーダー的存在となり、38年から「現代婦人運動史年表」を5年がかりでまとめた。また共著に「現代女性十二講」、編著に「近代日本の女性」「三井八郎右衛門高棟伝」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

三井 礼子 (みつい れいこ)

生年月日:1905年3月16日
昭和時代の女性史研究家
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android