三井鉱山[株](読み)みついこうざん

百科事典マイペディアの解説

三井鉱山[株]【みついこうざん】

石炭,石油LPG,環境,建材などの製造販売。1874年の神岡鉱山取得,1888年の三池炭鉱払下げにより金属,石炭の両面で発展した三井合名鉱山部が1911年独立。銀行・物産と並ぶ三井財閥の中心企業として拡大。1941年三井化学工業を分離,1950年集中排除法により三井金属と2分割。石炭のほか石油,建材,コークス,新素材等も手がける。2003年産業再生機構の支援を得て新体制が発足。2009年日本コークス工業に商号変更。本社東京。2011年資本金70億円,2011年3月期売上高1253億円。売上構成(%)は,石炭・コークス関連87,総合エンジニアリング10,その他4。
→関連項目企業城下町三池争議

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みついこうざん【三井鉱山[株]】

石炭主体の日本の代表的な資源会社。創業は1874年(明治7),三井組が神岡鉱山の一部を取得した時点にまでさかのぼる。その後88年に政府から三井物産会社に払い下げられた三池炭鉱の経営を89年に譲渡され,92年に三井鉱山合資会社を設立,その経営にあたった。さらに筑豊三山(山野,田川,本洞)の開坑など業務を拡大。1909年三井合名会社の鉱山部となったが,11年三井鉱山(株)として独立し,三井物産,三井銀行とともに,三井合名会社を頂点とする三井コンツェルンの形成に大きな役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android