コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井鉱山[株] みついこうざん

百科事典マイペディアの解説

三井鉱山[株]【みついこうざん】

石炭,石油LPG,環境,建材などの製造販売。1874年の神岡鉱山取得,1888年の三池炭鉱払下げにより金属,石炭の両面で発展した三井合名鉱山部が1911年独立。
→関連項目企業城下町三池争議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みついこうざん【三井鉱山[株]】

石炭主体の日本の代表的な資源会社。創業は1874年(明治7),三井組が神岡鉱山の一部を取得した時点にまでさかのぼる。その後88年に政府から三井物産会社に払い下げられた三池炭鉱の経営を89年に譲渡され,92年に三井鉱山合資会社を設立,その経営にあたった。さらに筑豊三山(山野,田川,本洞)の開坑など業務を拡大。1909年三井合名会社の鉱山部となったが,11年三井鉱山(株)として独立し,三井物産,三井銀行とともに,三井合名会社を頂点とする三井コンツェルンの形成に大きな役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三井鉱山[株]の関連キーワードLPG自動車液化ガス運搬船石油産業都市ガスサハリン2事件LPG車タンカータンクローリー車道路特定財源大陽日酸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android