コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井飯山 みつい はんざん

1件 の用語解説(三井飯山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三井飯山

日本画家。香川県生。名は蘊、字は子清、通称は犀二郎、別号に竹風軒主人等。初め大分の十市王洋に南画を学び、のち京都で田能村直入に師事する。日本南画協会会員となり、池田桂仙河野秋邨らと日本南画院を結成した。昭和9年(1934)歿、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三井飯山の関連キーワード伊藤鷺城今村興宗小西福年鈴木松僊納鳳陽邨松雲外三宅大涛藤本木田吉岡班嶺竹内寒水

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone