三井 弘次(読み)ミツイ コウジ

20世紀日本人名事典の解説

三井 弘次
ミツイ コウジ

昭和期の俳優



生年
明治43(1910)年3月6日

没年
昭和54(1979)年7月20日

出生地
神奈川県横浜市西戸部町

本名
三井 日子秀(ミツイ ヒコヒデ)

別名
旧芸名=三井 秀男

学歴〔年〕
慶応義塾大学商工学校

主な受賞名〔年〕
毎日映画コンクール助演男優賞(昭32年度)「気違い部落」「どん底」,ブルーリボン賞助演男優賞(昭32年度)

経歴
在学中の大正13年松竹蒲田撮影所に俳優として入所。14年三井秀男の芸名で「懐かしの蒲田」でデビュー。昭和7年の「初恋と与太者」以来、与太者トリオの一人としてそのシリーズに出演、人気を得る。戦前の代表作に小津作品「浮草物語」、阿部豊作品「太陽の子」がある。戦後の23年から三井弘次と改名。32年、渋谷実監督「気違い部落」と黒沢明監督「どん底」で毎日映画コンクールとブルーリボン賞の男優助演賞を獲得、名バイブレイヤーとしての声価を決定づけた。以後も黒沢作品には度々起用され、絶妙な演技を見せた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

三井 弘次
ミツイ コウジ


職業
俳優

本名
三井 日子秀(ミツイ ヒコヒデ)

別名
旧芸名=三井 秀男

生年月日
明治43年 3月6日

出生地
神奈川県 横浜市西戸部町

学歴
慶応義塾大学商工学校

経歴
在学中の大正13年松竹蒲田撮影所に俳優として入所。14年三井秀男の芸名で「懐かしの蒲田」でデビュー。昭和7年の「初恋と与太者」以来、与太者トリオの一人としてそのシリーズに出演、人気を得る。戦前の代表作に小津作品「浮草物語」、阿部豊作品「太陽の子」がある。戦後の23年から三井弘次と改名。32年、渋谷実監督「気違い部落」と黒沢明監督「どん底」で毎日映画コンクールとブルーリボン賞の男優助演賞を獲得、名バイブレイヤーとしての声価を決定づけた。以後も黒沢作品には度々起用され、絶妙な演技を見せた。

受賞
ブルーリボン賞助演男優賞(昭32年度) 毎日映画コンクール助演男優賞(昭32年度)「気違い部落」「どん底」

没年月日
昭和54年 7月20日 (1979年)

伝記
酒と博奕と喝采の日日 矢野 誠一 著(発行元 文芸春秋 ’97発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android