コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井 高景 ミツイ タカカゲ

1件 の用語解説(三井 高景の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

三井 高景
ミツイ タカカゲ

明治期の実業家 三井小石川家第8代当主;三井鉱山社長。



生年
嘉永3年(1850年)

没年
明治45(1912)年4月6日

出生地
京都府

別名
幼名=弁蔵,別名=三井 三郎助(ミツイ サブロウスケ)

経歴
京都両替店の御用名前三郎助を襲名。明治初年京都府に任官したが間もなく辞職。5年大蔵少輔吉田清成に随行し同族子弟5人と共に渡米、ニューブランズウィックに滞在し銀行での実務研究をして帰国。三井家の事業に従事し、25年三井鉱山会社社長に就任。以来三井家鉱山業の基礎を固め、また三池築港の経営にも力を尽くした。40年益田孝らと欧米各国を巡遊する。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone