三井 高景(読み)ミツイ タカカゲ

20世紀日本人名事典の解説

三井 高景
ミツイ タカカゲ

明治期の実業家 三井小石川家第8代当主;三井鉱山社長。



生年
嘉永3年(1850年)

没年
明治45(1912)年4月6日

出生地
京都府

別名
幼名=弁蔵,別名=三井 三郎助(ミツイ サブロウスケ)

経歴
京都両替店の御用名前三郎助を襲名。明治初年京都府に任官したが間もなく辞職。5年大蔵少輔吉田清成に随行し同族子弟5人と共に渡米、ニューブランズウィックに滞在し銀行での実務研究をして帰国。三井家の事業に従事し、25年三井鉱山会社社長に就任。以来三井家鉱山業の基礎を固め、また三池築港の経営にも力を尽くした。40年益田孝らと欧米各国を巡遊する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android