三井 高景(読み)ミツイ タカカゲ

20世紀日本人名事典の解説

三井 高景
ミツイ タカカゲ

明治期の実業家 三井小石川家第8代当主;三井鉱山社長。



生年
嘉永3年(1850年)

没年
明治45(1912)年4月6日

出生地
京都府

別名
幼名=弁蔵,別名=三井 三郎助(ミツイ サブロウスケ)

経歴
京都両替店の御用名前三郎助を襲名。明治初年京都府に任官したが間もなく辞職。5年大蔵少輔吉田清成に随行し同族子弟5人と共に渡米、ニューブランズウィックに滞在し銀行での実務研究をして帰国。三井家の事業に従事し、25年三井鉱山会社社長に就任。以来三井家鉱山業の基礎を固め、また三池築港の経営にも力を尽くした。40年益田孝らと欧米各国を巡遊する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android