コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三人のイカれる男

1件 の用語解説(三人のイカれる男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

三人のイカれる男

オーストラリア生まれの作家トニー・ケンリックのユーモアミステリー小説(1974)。原題《Two for the Price of One》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三人のイカれる男の関連キーワードスカイジャック消えたV1発射基地暗くなるまで待て殺人はリビエラで誰が為に爆弾は鳴るチャイナ・ホワイトネオン・タフバーニーよ銃をとれマイ・フェア・レディーズリリアンと悪党ども

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone