コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三代茶屋四郎次郎 ちゃや しろうじろう

美術人名辞典の解説

三代茶屋四郎次郎

江戸前期の京都の豪商。初代の次男。本姓は中島、又四郎と称した。兄の二代歿後、徳川家康の命で茶屋家を継ぐ。長崎の代官補佐役として外国貿易にたずさわり、家康のために軍需品の確保に努め、自ら朱印船貿易も始めた。その他、将軍家の側近御用・公儀呉服師も務め、幕閣財政の陰の力となった。茶道具名物の収集でも知られる。元和8年(1622)歿、38才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報