コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三代茶屋四郎次郎 ちゃや しろうじろう

1件 の用語解説(三代茶屋四郎次郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三代茶屋四郎次郎

江戸前期の京都の豪商。初代の次男。本姓は中島、又四郎と称した。兄の二代歿後、徳川家康の命で茶屋家を継ぐ。長崎の代官補佐役として外国貿易にたずさわり、家康のために軍需品の確保に努め、自ら朱印船貿易も始めた。その他、将軍家の側近御用・公儀呉服師も務め、幕閣財政の陰の力となった。茶道具名物の収集でも知られる。元和8年(1622)歿、38才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三代茶屋四郎次郎の関連キーワード狩野岑信北小路俊光半井和年宮後朝貞茶屋四郎次郎春正蒔絵角倉淀屋末吉長五郎楽左入

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone