三勝/半七(読み)さんかつ/はんしち

朝日日本歴史人物事典の解説

三勝/半七

江戸時代の情話の主人公。モデルは女舞の太夫三勝(下級娼婦とも)と,その客で大和国(奈良県)五条新町の赤根屋半七。ふたりは元禄8(1695)年12月7日大坂千日寺の焼き場裏,通称サイタラ畑で心中した。この事件は直後から歌舞伎浄瑠璃に仕組まれたが,のちの安永1(1772)年初演の浄瑠璃「艶容女舞衣」が有名。特に下の巻「酒屋の段」で半七女房お園が,半七の身を案じる「今ごろは半七さん」のクドキはよく知られている。ほかにこの事件に取材した浄瑠璃には,この作品に先行する紀海音作の「笠屋三勝廿五年忌」があり,曲亭馬琴の読本『三七全伝南柯夢』もこの事件にっている。

(佐谷眞木人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android