コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十振袖四十島田 サンジュウフリソデシジュウシマダ

2件 の用語解説(三十振袖四十島田の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

三十(さんじゅう)振袖四十島田

《30歳になっても振袖を着たり、40歳になっても島田を結ったりする意から》年配の女性が年齢不相応な若い服装や化粧をすること。特に年増(としま)の芸者などの若づくりをあざけっていうのに用いる。四十島田四十振袖五十島田。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゅうふりそでしじゅうしまだ【三十振袖四十島田】

年輩の女が年に不相応な若づくりをすること。また、そのような女。特に、年増の芸者や夜鷹などの若づくりをあざけっていう。 「 -、土手の川風芝の露、さぞ冷たかろ/洒落本・卯地臭意」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone