コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十振袖四十島田 サンジュウフリソデシジュウシマダ

デジタル大辞泉の解説

三十(さんじゅう)振袖四十島田

《30歳になっても振袖を着たり、40歳になっても島田を結ったりする意から》年配の女性が年齢不相応な若い服装や化粧をすること。特に年増(としま)の芸者などの若づくりをあざけっていうのに用いる。四十島田。四十振袖五十島田。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゅうふりそでしじゅうしまだ【三十振袖四十島田】

年輩の女が年に不相応な若づくりをすること。また、そのような女。特に、年増の芸者や夜鷹などの若づくりをあざけっていう。 「 -、土手の川風芝の露、さぞ冷たかろ/洒落本・卯地臭意」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三十振袖四十島田の関連キーワード洒落本

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android