コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原[村] みはら

1件 の用語解説(三原[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みはら【三原[村]】

高知県南西部,幡多(はた)郡の村。人口1986(1995)。周囲を中村市,宿毛(すくも)市,土佐清水市に囲まれ,北端に貝ヶ森(455m),南端に今ノ山(865m)がそびえる。中央部は盆地状台地で,下ノ加江川が支流を集めて南東に流れ,流域に耕地が点在する。近世には三原郷と呼ばれ,かつては木炭と用材を産する山村地帯で,大庄屋の生城氏が柚ノ木(ゆのき)に居住した。幡多郡南部と中村を結ぶ道が郷内を通り,柚ノ木と上長谷には番所が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三原[村]の関連キーワード半田君津高知四万十宿毛土佐清水羽島美浜室戸みなべ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone