コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原瀬戸 みはらせと

1件 の用語解説(三原瀬戸の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕三原瀬戸(みはらせと)


瀬戸内海中部、広島県の本州南岸と芸予(げいよ)諸島の間の海峡。延長約48km。向(むかい)島・因島(いんのしま)間の布刈(めかり)瀬戸を東口とし、三原湾・青木(あおぎ)瀬戸を経て大崎上(おおさきかみ)島と愛媛県大下(おおげ)島の間の大下瀬戸を西口とする。南の来島(くるしま)海峡に比べ潮流の速度が半分程度のため、小型船や低速の大型船などが航行する。岩礁や岬が多く、島々の間に航路が分岐・錯綜(さくそう)し、来島海峡に劣らぬ海の難所。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三原瀬戸の関連キーワード岩城島芸予諸島下蒲刈島瀬戸内海国立公園三原芸予地震瀬戸内瀬戸内法上浦[町]藤田宣彦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone