コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原瀬戸 みはらせと

1件 の用語解説(三原瀬戸の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕三原瀬戸(みはらせと)


瀬戸内海中部、広島県の本州南岸と芸予(げいよ)諸島の間の海峡。延長約48km。向(むかい)島・因島(いんのしま)間の布刈(めかり)瀬戸を東口とし、三原湾・青木(あおぎ)瀬戸を経て大崎上(おおさきかみ)島と愛媛県大下(おおげ)島の間の大下瀬戸を西口とする。南の来島(くるしま)海峡に比べ潮流の速度が半分程度のため、小型船や低速の大型船などが航行する。岩礁や岬が多く、島々の間に航路が分岐・錯綜(さくそう)し、来島海峡に劣らぬ海の難所。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone