三吏三別(読み)さんりさんべつ

大辞林 第三版の解説

さんりさんべつ【三吏三別】

杜甫とほの、「新安吏」「石壕吏せきごうり」「潼関吏どうかんり」(三吏)、「新婚別」「垂老別」「無家別」(三別)の六詩をいう。戦乱のために離別する人民の悲しみ、徴兵官の過酷さ、前線兵士の状況などを描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android