コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三大寮歌

1件 の用語解説(三大寮歌の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三大寮歌

2千を超えるとされる旧制高校の寮歌のうち、「逍遥之歌」、一高(現・東大)の「嗚呼玉杯」、北大予科(現・北大)の「都ぞ弥生」の三つ。「嗚呼玉杯」は1902(明治35)年に東寮の寮歌として誕生。矢野勘治が作詞、楠正一が作曲。「都ぞ弥生」は12(明治45)年に恵迪(けいてき)寮の寮歌として発表された。作詞は横山芳介、作曲は赤木顕治「嗚呼玉杯」と「都ぞ弥生」の作詞・作曲はいずれも在学生。

(2013-10-11 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三大寮歌の関連キーワード旧制高校セネガンビア寮歌ストーム予科ネームスクールデカンショ節サポート校託児室のある通信制高校旧制高等学校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三大寮歌の関連情報