コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅島の噴火

1件 の用語解説(三宅島の噴火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三宅島の噴火

雄山の噴火で、約3800人いた島民は2000年9月から4年半、東京都内三十数カ所で避難生活を送った。現在は約2800人が島に戻って暮らす。1日には最後まで残っていた火山ガスによる居住禁止区域も条件付きで住めるようになり、29世帯が戻った。

(2011-04-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宅島の噴火の関連キーワード浅間山ハワイ式噴火伊豆大島噴火の規模偽火山噴火口水底火山半火山型中心噴火流砂噴火福岡沖地震と玄界島駒ケ岳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三宅島の噴火の関連情報