三宅島噴火

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三宅島噴火

2000年7月に島の最高峰雄山(おやま)が噴火。その後も大規模な噴火が続き、三宅村は9月、全島民に避難を指示し約3800人が島を離れた。05年2月に避難解除され、現在、約2800人が島に暮らす。

(2011-07-14 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三宅島噴火の関連情報