三宅 花圃(読み)ミヤケ カホ

20世紀日本人名事典の解説

三宅 花圃
ミヤケ カホ

明治期の小説家,随筆家,歌人



生年
明治1年12月23日(1869年)

没年
昭和18(1943)年7月18日

出生地
東京・本所

本名
三宅 龍子(ミヤケ タツコ)

旧姓(旧名)
田辺

学歴〔年〕
東京高女〔明治22年〕卒

経歴
中島歌子の塾(萩の舎塾)で樋口一葉らと学び、明治21年「藪の鴬」を刊行し出生作となる。その後「芦の一ふし」「八重桜」などを発表し、25年「みだれ咲」を刊行。同年三宅雪嶺と結婚し、その後は歌人、随筆家として活躍。他の主な作品に「露のよすが」「空行く月」「蛇物語」などがあり、他に野村望東尼の評伝「もとのしづく」、歌文集「花の趣味」などを著す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

三宅 花圃 (みやけ かほ)

生年月日:1868年12月23日
明治時代の歌人;小説家
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android