三岳[村](読み)みたけ

世界大百科事典 第2版の解説

みたけ【三岳[村]】

長野県南西部,木曾郡の村。人口2019(1995)。御嶽山東斜面を占め,西は岐阜県に接する。村域の大部分は山林・原野で,西野川や白川などの河川沿いに耕地が点在する。畜産,米作養蚕などが行われ,近年,肉牛の飼育やリンゴの栽培が盛んになっている。中心集落の黒沢は御嶽登山基地として,また御嶽神社里宮の門前町として形成された。御嶽山東麓には寒原高原,御嶽高原が広がり,百間滝,ブッポウソウ繁殖地(天)のほか,木曾温泉(単純二酸化炭素泉,14℃),鹿ノ瀬(かのせ)温泉(純重曹泉,28℃)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android