コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三岳[村] みたけ

世界大百科事典 第2版の解説

みたけ【三岳[村]】

長野県南西部,木曾郡の村。人口2019(1995)。御嶽山東斜面を占め,西は岐阜県に接する。村域の大部分は山林・原野で,西野川や白川などの河川沿いに耕地が点在する。畜産,米作養蚕などが行われ,近年,肉牛の飼育やリンゴの栽培が盛んになっている。中心集落の黒沢は御嶽登山基地として,また御嶽神社里宮の門前町として形成された。御嶽山東麓には寒原高原,御嶽高原が広がり,百間滝,ブッポウソウ繁殖地(天)のほか,木曾温泉(単純二酸化炭素泉,14℃),鹿ノ瀬(かのせ)温泉(純重曹泉,28℃)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三岳[村]の関連キーワードスーパーラグビーラグビーワールドカップ2015大学入試センター試験高校再編高校再編問題自立援助ホーム直立浮上式津波防波堤法隆寺金堂壁画薬師寺MICE施設

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android