三度入(読み)さんどいり

精選版 日本国語大辞典の解説

さんど‐いり【三度入】

〘名〙 杯に用いる土器(かわらけ)。小重(こじゅう)より大きく中くらいのもの。さんどいれ。三度。
海人藻芥(1420)「鐘はへいかう、二度入三度入是也〈略〉種々土器令出来、酒興盛故也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android