コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三徳山三仏寺

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三徳山三仏寺

706年に役行者(えんのぎょうじゃ)が修験道行場として開いたとされる。自然信仰と仏教が結びついた「神仏習合」の典型とされ、標高約520メートルの断崖に、国宝「投入堂」が立つ。蔵王権現立像は、フィギュアになった1体のほか、6体がまつられ、それぞれ手足の角度や向きが違う。

(2013-05-09 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

三徳山三仏寺の関連キーワード伯耆国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三徳山三仏寺の関連情報