コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三徳山三仏寺

1件 の用語解説(三徳山三仏寺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三徳山三仏寺

706年に役行者(えんのぎょうじゃ)が修験道の行場として開いたとされる。自然信仰と仏教が結びついた「神仏習合」の典型とされ、標高約520メートルの断崖に、国宝「投入堂」が立つ。蔵王権現立像は、フィギュアになった1体のほか、6体がまつられ、それぞれ手足の角度や向きが違う。

(2013-05-09 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三徳山三仏寺の関連キーワード近路行者行者堂西方の行者修行者役の行者千日行者県内の仏像の盗難被害の状況東京都大島町泉津京都府京都市中京区役行者町鷲峰山

三徳山三仏寺の関連情報