コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三徳山三仏寺

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三徳山三仏寺

706年に役行者(えんのぎょうじゃ)が修験道の行場として開いたとされる。自然信仰と仏教が結びついた「神仏習合」の典型とされ、標高約520メートルの断崖に、国宝「投入堂」が立つ。蔵王権現立像は、フィギュアになった1体のほか、6体がまつられ、それぞれ手足の角度や向きが違う。

(2013-05-09 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

三徳山三仏寺の関連キーワード大神高市麻呂三仏寺神秀中山神社中山神社法起寺出雲益方犬上王大神高市麻呂笠麻呂

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三徳山三仏寺の関連情報