三摩耶形・三昧耶形(読み)さまやぎょう

  • さまやぎょう ‥ギャウ
  • さんまやぎょう ‥ギャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

※車屋本謡曲・卒都婆小町(1384頃)「夫そとばは金剛薩埵、かりに出化してさまやぎゃうを行ひたまふ」
〘名〙 仏語。一切衆生を済度するため諸仏の発した誓願を具象化したもので、仏、菩薩、明王、諸天などが手に持っている器仗または印契をいう。たとえば、文殊の利剣、観世音菩薩の蓮華などの類。三形(さんぎょう)。さまやぎょう。
※中臣祓訓解(12C後)「天津管麻 遍照牟尼之一字、金輪之表徳也。摧魔怨敵之三摩耶形之体相也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android