コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三日月〈町〉 みかづき〈ちょう〉

2件 の用語解説(三日月〈町〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕三日月〈町〉(みかづき〈ちょう〉)


兵庫県西部、千種川支流の志文川中流域に存在した町。佐用(さよう)郡。
江戸時代には森氏の陣屋町として繁栄。2005年(平成17)10月、合併のため廃止。⇒佐用町

〔旧地名〕三日月〈町〉(みかつき〈ちょう〉)


佐賀県中部、筑紫(つくし)平野西部に存在した町。小城(おぎ)郡。
弥生時代から古墳時代の遺跡が多い。2005年(平成17)、合併のため廃止。この合併により、小城郡消滅。⇒小城市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三日月〈町〉の関連キーワード脊振山地筑紫平野筑後筑紫櫛筑紫路筑紫二郎筑紫流牛津川筑紫船佐賀[市]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone