コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三日月〈町〉 みかづき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕三日月〈町〉(みかづき〈ちょう〉)


兵庫県西部、千種川支流の志文川中流域に存在した町。佐用(さよう)郡。
江戸時代には森氏の陣屋町として繁栄。2005年(平成17)10月、合併のため廃止。⇒佐用町

〔旧地名〕三日月〈町〉(みかつき〈ちょう〉)


佐賀県中部、筑紫(つくし)平野西部に存在した町。小城(おぎ)郡。
弥生時代から古墳時代の遺跡が多い。2005年(平成17)、合併のため廃止。この合併により、小城郡消滅。⇒小城市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

三日月〈町〉の関連キーワード兵庫県佐用郡佐用町三日月(佐賀県)三日月(兵庫県)日本原子力研究所佐賀県小城市小城[市]高田 保馬芦刈[町]小城(市)土生遺跡高田保馬光栄菊千代雀肥前国上月南光牛津芦刈

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android