三木 威勇治(読み)ミキ イサハル

20世紀日本人名事典の解説

三木 威勇治
ミキ イサハル

昭和期の整形外科学者 東京大学名誉教授。



生年
明治37(1904)年11月15日

没年
昭和41(1966)年5月7日

出生地
福岡県

学歴〔年〕
東京帝国大学医学部〔昭和4年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔昭和11年〕

経歴
昭和10年岩手医学専門学校教授。のち東京逓信病院整形外科医長、東北大教授を経て、24年東大教授、同附属病院長、伝染病研究所長などを務め、40年定年退官。その後東京警察病院長、41年日本医師会副会長。日本形成外科学会創設者の一人。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android