三木 忠章(読み)ミキ タダアキ

20世紀日本人名事典の解説

三木 忠章
ミキ タダアキ

大正・昭和期の高校野球選手 選抜高校野球大会選考委員;元・香川県高野連理事長。



生年
明治41(1908)年12月6日

没年
昭和56(1981)年12月3日

出身地
香川県

学歴〔年〕
関西大学卒

経歴
戦前、高松商野球部の黄金期に内野手として活躍、大正13年の第1回センバツ優勝、翌第2回大会準優勝、その年の夏、第11回選手権大会優勝。大正14年春夏の甲子園では水原茂三遊間を組んだ。昭和33年から9年間、香川県高野連理事長、38年から選抜高校野球大会の選考委員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android