三木 鶏郎(読み)ミキ トリロウ

20世紀日本人名事典の解説

三木 鶏郎
ミキ トリロウ

昭和期の作曲家,作詞家



生年
大正3(1914)年1月28日

没年
平成6(1994)年10月7日

出生地
東京・麴町

本名
繁田 裕司

学歴〔年〕
東京帝大法学科〔昭和15年〕卒

主な受賞名〔年〕
民放賞〔昭和36年〕,芸術祭賞奨励賞〔昭和37年〕,正力賞〔昭和37年〕

経歴
昭和15年日産化学に入社するが、半年で応召。復員後、音楽稼業に入り、日本初のバンド・ミッキートリオを組織し、21年NHKラジオ「歌の新聞」でデビュー。22年よりラジオ「日曜娯楽版」で「冗談音楽」を担当し、世相風刺を行った。後、冗談工房設立。26年CMソング第1号「僕はアマチュアカメラマン」を書き、以後10年で134曲作る。仲間や門下に三木のり平野坂昭如いずみたくら多数。主な作詞・作曲作品に「僕は特急の機関士で」「田舎のバス」「毒消しゃいらんかね」などがあり、著書に「冗談十年」(3巻)「僕の愛する糖尿病」、CDに「トリロー娯楽版―三木鶏郎と仲間たち」などがある。平成5年日本広告音楽制作者連盟によって三木鶏郎音楽賞が創設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

三木 鶏郎 (みき とりろう)

生年月日:1914年1月28日
昭和時代の作詞・作曲家
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三木 鶏郎の関連情報