三条局(2)(読み)さんじょうのつぼね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条局(2) さんじょうのつぼね

?-1244 鎌倉時代の幕府女官。
熱田大宮司季範(すえのり)の孫。父は法橋(ほっきょう)範智。相模守(さがみのかみ)顕季(あきすえ)と結婚,のち源頼朝の女官となる。縫殿(ぬいどの)別当をつとめる。建保(けんぽ)7年鎌倉雪ノ下に屋敷をあたえられ,承久(じょうきゅう)3年には自宅が北条義時の妻の産所となった。寛元2年9月28日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android