三条浪江(2代)(読み)さんじょう なみえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条浪江(2代) さんじょう-なみえ

1757-1814 江戸時代後期の歌舞伎役者。
宝暦7年生まれ。2代嵐三五郎の門人。はじめ大坂の浜芝居若女方となり,文化5年大坂中の芝居で2代三条浪江を襲名花車方として家老の妻役を得意とした。文化11年9月15日死去。58歳。前名は嵐若松(初代)。俳名は六岳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android