コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三沢と松山商の名勝負

1件 の用語解説(三沢と松山商の名勝負の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三沢と松山商の名勝負

1969年夏の第51回全国高校野球選手権で、太田幸司投手を擁する三沢は戦後初めて東北勢として決勝に進んだ。当時すでに甲子園優勝経験のあった松山商との決勝は両チーム無得点のまま延長に。三沢は満塁のサヨナラ機を生かせず、延長18回、0―0で引き分けた。太田さんは翌日の再試合も一人で投げ抜いたが、2―4で敗れた。

(2012-05-11 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone