コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三沢と松山商の名勝負

1件 の用語解説(三沢と松山商の名勝負の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三沢と松山商の名勝負

1969年夏の第51回全国高校野球選手権で、太田幸司投手を擁する三沢は戦後初めて東北勢として決勝に進んだ。当時すでに甲子園優勝経験のあった松山商との決勝は両チーム無得点のまま延長に。三沢は満塁のサヨナラ機を生かせず、延長18回、0―0で引き分けた。太田さんは翌日の再試合も一人で投げ抜いたが、2―4で敗れた。

(2012-05-11 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

三沢と松山商の名勝負の関連キーワード東京ヴェルディ文化勲章由紀さおりビリーバンバン杉田二郎志垣太郎ニッサンフェアレディZ432 PS30型怪物くんATGプロヴォーク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone