コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦呉山(1) みうら ござん

1件 の用語解説(三浦呉山(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦呉山(1) みうら-ござん

1760-1806 江戸時代後期の儒者。
宝暦10年生まれ。三浦瓶山(へいざん)の子。父の職をついで越中富山藩の藩儒となり,江戸にすんだ。文化3年4月24日死去。47歳。名は和多利。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三浦呉山(1)の関連キーワードナポリ王国山県周南前古典派音楽志筑忠雄葛飾北斎賀茂真淵松平信明松浦静山志筑忠雄志筑忠雄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone