コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三現主義 さんげんしゅぎ

2件 の用語解説(三現主義の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

三現主義

問題解決するときの1つの姿勢。「現場」に出向いて「現物」に直接触れ、「現実」をとらえることを重視する。 生産分野においてとくに重要とされてきたもので、日本の高度経済成長を支えた精神として認識されることもある。空理空論を展開するのではなく3つの「現」にアプローチすることは、あらゆる領域の問題解決において共通して重要である。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

Wisdomビジネス用語辞典の解説

三現主義

現場・現物・現実の三つの現を重視すること。問題が発生したときに、机上で判断するのではなく、現場で不具合の起きた現物を観て、どのような状態であるのか(現実)を確認することで解決を図る。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三現主義の関連情報