コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三現主義 さんげんしゅぎ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

三現主義

問題解決するときの1つの姿勢。「現場」に出向いて「現物」に直接触れ、「現実」をとらえることを重視する。 生産分野においてとくに重要とされてきたもので、日本の高度経済成長を支えた精神として認識されることもある。空理空論を展開するのではなく3つの「現」にアプローチすることは、あらゆる領域の問題解決において共通して重要である。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

Wisdomビジネス用語辞典の解説

三現主義

現場・現物・現実の三つの現を重視すること。問題が発生したときに、机上で判断するのではなく、現場で不具合の起きた現物を観て、どのような状態であるのか(現実)を確認することで解決を図る。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三現主義の関連情報