コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笑亭可楽(1世) さんしょうていからく[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三笑亭可楽(1世)
さんしょうていからく[いっせい]

[生]安永6(1777)
[没]天保4(1833).3.8.
落語家。櫛 (くし) 職人から落語家に転身。三題噺 (ばなし) を創始。『可楽日記』などの著作もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三笑亭可楽(1世)の関連キーワード落語家天保

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android