コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笑亭可楽(7代) さんしょうてい からく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三笑亭可楽(7代) さんしょうてい-からく

1886-1944 大正-昭和時代前期の落語家。
明治19年1月31日生まれ。2代柳亭燕枝(えんし)に入門,大正5年5代桂才賀で真打。のち5代柳亭左楽の門にうつり,小左楽,滝亭鯉昇(りゅうてい-りしょう)をへて15年7代可楽を襲名。3代柳家小さんに傾倒し,その演目を得意とした。昭和19年4月12日死去。59歳。東京出身。本名は玉井長之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三笑亭可楽(7代)の関連キーワード落語家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android