三笑亭夢楽(2代)(読み)さんしょうてい むらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三笑亭夢楽(2代) さんしょうてい-むらく

1925-2005 昭和後期-平成時代の落語家。
大正14年1月5日生まれ。昭和24年5代古今亭今輔に入門,今夫を名のる。26年8代三笑亭可楽門にうつって夢楽を名のり,33年真打となる。「寄合酒」「三方一両損」などの長屋物を得意とし,テレビ・ラジオでも活躍した。平成17年10月28日死去。80歳。岐阜県出身。本名は渋谷滉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android