コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三罰規定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三罰規定

独占禁止法では、会社の代表者談合が社内であることを知ったにもかかわらず、防止措置をとらなかった場合、500万円以下の罰金が科せられる。個人と法人を罰する「両罰規定」に加えた3番目の罰則という意味だ。対象が会社の代表者に限られることに加え、具体的な談合行為を知りながら何もしないという「不作為」の立証が難しく、過去に適用された例はない。

(2007-03-04 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

三罰規定の関連キーワード独占禁止法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android