コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三芳[村] みよし

世界大百科事典 第2版の解説

みよし【三芳[村]】

千葉県南部,安房郡の村。人口4752(1995)。館山市の北に接し,館山湾に注ぐ平久里(へぐり)川と支流の山名川の流域を占める。古代に安房国府が置かれたところで,条里制の地割りも残る。産業の中心は農業で,水田と酪農の複合経営が普及し,パセリなどの野菜生産も行われる。近年は花卉,イチゴ,キュウリなどの施設園芸も増えている。【千葉 立也】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

三芳[村]の関連キーワード鹿屋体育大昭和システムエンジニアリングラ・フレーシュ安八町川越町チェルチェン(車爾臣)県ハエン県大日本地名辞書長生(村)長生村の要覧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android