三菱東京UFJ銀行[株](読み)みつびしとうきょうユーエフジェーぎんこう

百科事典マイペディアの解説

三菱東京UFJ銀行[株]【みつびしとうきょうユーエフジェーぎんこう】

2006年1月,東京三菱銀行[株]とUFJ銀行[株]が合併してできた都市銀行。存続会社は東京三菱銀行。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下。総資金量は約110兆円で国内首位。UFJ銀行との統合先は三菱東京銀行のほか三井住友銀行,英HSBC(香港上海銀行)などが候補とされていたが,2004年7月両行の統合を正式発表,2005年2月,統合比率を東京三菱1対UFJ0.62と決定。同年4月合併契約を締結し,10月の合併を目指したが,システム統合の困難から翌年1月に延期された。本店東京。2011年資本金1兆7119億円,2011年3月期経常収益3兆2098億円。売上構成(%)は,中小企業等向け62,住宅・消費者向け28。
→関連項目三菱銀行[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android