コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱重工爆破事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三菱重工爆破事件

1974年8月30日午後0時45分ごろ、東京都千代田区丸の内2丁目のビル正面玄関前に仕掛けられた爆弾2個が爆発。同社社員や通行人ら8人が死亡、380人がけがをした。その後、75年5月にかけ、ゼネコンなどを対象に11件の企業爆破が相次ぎ、東アジア反日武装戦線が犯行声明を出した。警視庁は同月、同戦線の8人を逮捕。このうち佐々木規夫容疑者(66)は同年8月、大道寺あや子容疑者(65)も77年10月、日本赤軍側の要求を受け入れた日本政府の「超法規的措置」で釈放された。大道寺将司(66)、益永(旧姓片岡)利明(66)の両死刑囚は87年に死刑判決が確定し、東京拘置所に在監中だ。

(2014-08-31 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

三菱重工爆破事件の関連キーワード神代辰巳藤田敏八ポルトガル文学安野光雅寺山修司ゲンシャー小川国夫北川透河野典生コッポラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三菱重工爆破事件の関連情報