コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱MCA-JET(G11B)

1件 の用語解説(三菱MCA-JET(G11B)の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

三菱MCA-JET(G11B)

エンジン紹介MCAジェットエンジン 吸排気バルブとは別に設けた第3のジェットバルブから空気またはごく薄い混合気を噴射。このジェット空気が強いスワールを引き起こし燃焼を促進。また,大量のEGR排気ガス再循環)をかけても安定した燃焼が得られ,NOXを低減するとともに,燃焼の改善が図られることが判明。このジェットバルブを設けた“MCA-JET方式”の開発成功は,昭和51年(1976年)8月5日の昭和53年度排出ガス規制に関する公聴会で初めて公表され,これを採用したG11Bオリオンエンジンを搭載したランサー1200が翌52年4月に発売された。その後6月にG32Bサターンエンジンを搭載したギャランが発売され,以降各エンジンに展開され,デボネアからミニカまで全車種に採用された。MCA-JET方式:Mitsubishi Clean Air-Jet Control Super Lean Combustion System(噴流制御超希薄燃焼方式保管場所三菱自動車工業(株) 乗用車技術センター 企画管理部(〒444-8501 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地)
製作(製造)年1977
製作者(社)三菱自動車工業(株)
資料の種類量産品
現状公開( 静態 )
型式G11B(MCA JET)
種類ガソリン
会社名三菱自動車工業(株)
通称名三菱 MCA-JET
実物所在岡崎オートギャラリー
搭載車種ランサー等
製作開始年1977
シリンダ配列・数直列4気筒
サイクル/冷却方式4/
弁型式/数SOHC/2弁
燃焼方式噴流制御超希薄燃焼方式
燃焼室半球形
総排気量1244cc
内径×行程69.5×82.0mm
圧縮比9.0
質量(重量)112kg
点火システムバッテリー点火ポイント式
最高出力70PS/5500rpm
最大トルク10.7kg・m/3000rpm
燃料消費率215g/psh(2000rpm)
過給機形式なし
インタークーラーなし
可変装置なし
吸気系布式エアクリーナ
排気系触媒付
エピソード・話題性昭和53年排ガス規制クリア
特徴吸排気弁の他に設けたもう一つの弁(JET弁)による強いスワールが超希薄燃焼を可能とし,昭和53年排ガス規制をクリアした
参考文献林 洋(日本自動車研究所調査室長)「“53年”へ独自の技術力を結集」別冊モーターファン“国産車100年の奇蹟”53.10 P264~265三菱重工技報Vol.17NO3(1980-5)
その他事項燃料供給方式:キャブレタ;噴射ノズル:なし;比出力:56.3S/L;排気浄化装置:酸化触媒(Pd系モノリス),EGR;4気筒/排気量(G32B):1597cc;最高出力(G32B):86PS/5000rpm;搭載車種(G32B):ギャラン;4気筒/排気量(G54B):2555cc;最高出力(G54B):120PS/5000rpm;搭載車種(G54B):デボネア;4気筒/排気量(G23B):546cc;最高出力(G23B):31PS/6000rpm;搭載車種(G23B):ミニカ;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三菱MCA-JET(G11B)の関連キーワードジェットエンジンジェット燃料ファンジェットウィジェットエンジンエアブリージングエンジンガジェットエンジン航空発動機ターボジェットエンジンターボプロップエンジンレトロエンジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone