三谷 民子(読み)ミタニ タミコ

20世紀日本人名事典の解説

三谷 民子
ミタニ タミコ

明治〜昭和期のキリスト者,女子教育家 女子学院校長。



生年
明治6年2月16日(1873年)

没年
昭和20(1945)年4月1日

出生地
京都府与謝郡岩滝町

学歴〔年〕
女子学院〔明治23年〕卒,ノースフィールド大学(米国)留学

経歴
女子学院卒業後、越後高田の分校教師となり、明治30年難関の英語教員の資格をとる。33年アメリカのノースフィールド大学に留学。数年後、再びアメリカ及びヨーロッパに遊学、欧米の教育事情を視察。帰国後、大正3年女子学院の学監となり、昭和2年校長に就任。在学中から入信、師であり宣教師のE.P.ミリケンの教えを受けキリスト教徒として自由主義的な女子教育に携わった。また安井てつ、津田梅子らと無教派連合キリスト教大学設立のメンバーとなり、東京女子大学創立にも貢献した。晩年には佐々木信綱に短歌を習った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android